ABE Sesl

シーリング工事・床工事・ロープワーキング業務なら
ABEseal株式会社にお任せください。

  • シーリング防水工事
  • 床工事
  • ロープワーキング

048-699-7150

施工実績RESULTS

シール工事

シール工事はシーリング工事とも呼ばれています。外壁のボードとボードのつなぎ目(隙間)をゴム質のシーリング材で埋める工事です。サッシの金具と壁のつなぎ目などにも使われます。外壁のつなぎ目から侵入する雨漏りを防ぐ事ができる上、地震などにより建物が揺れた際にゴム質のシーリングがもつ伸縮性により耐震性を高めるという特徴があります。

塩ビシート防水工事

防水効果のある塩ビシートを屋上に敷き詰めていき、繋ぎ目を溶接する防水工事のことで ABE Seal で行う主な工事2種のうちの1つです。塩ビシートは仕上がりが美しく、ゴムシート防水に比べ歩行用に適しているという特徴があります。防水シート間のジョイントは、薬品・もしくは熱で溶かし一体化させる処理を行うので、長期間耐久性にも優れているという利点が得られます。

ウレタン防水工事

ウレタン系塗膜防水は、液状のウレタン樹脂をローラーや鏝などで塗布し化学反応で硬化させ所定の厚さの防水層を形成させる工法です。
主に密着工法と通気緩衝工法で施工することが多いですが、その時の下地の種類や使用する用途によって工法を使い分けて作業します。 塩ビシート防水やFRP防水など他の防水材料との複合防水ができるので既存の防水層を撤去せずに新しい防水層を作ることが出来るのも魅力の一つです。
また複雑な箇所でも施工することが可能な特徴を持っています。

長尺シート工事

長尺シートは正式には防滑性ビニル床シートと言います。特徴として「滑らない」「掃除の手間がかからない」「遮音効果」があげられます。また、安価な素材でもあり工事費用を抑えられることがお客様には嬉しいとうかがいます。意匠性に優れたシートを選ぶことによって施工箇所の見た目も変更・改善できるため、マンションやビル階段、ベランダなどに用いられることも多いです。

ブランコ(ロープ)工事

ブランコ工事とは、足場を設けずに建物の屋上から垂らしたロープを利用して、ブランコに座りながら作業する工法のことです。無足場工法とも呼ばれています。通常外壁工事においては足場の組み立てが必要となりますが、建物の構造や立地条件などによっては足場を設置することができない場合や、騒音や防犯面への配慮から足場を設置すべきでないというケースもございます。ブランコ作業は、このようなご要望にお応えできるのが特徴です。

ABE Seal 株式会社